胃が気持ち悪くなるタイプのパニック障害はコレに気を付けて! | 大阪府吹田市|自律神経専門|鍼灸治療院HARINO

胃が気持ち悪くなるタイプのパニック障害はコレに気を付けて!

大阪府吹田市にある自律神経専門の鍼灸治療院HARINOです。

最近、パニック障害の方を施術させていただくことも増えてきました。

その中で感じた事は、

「ほとんどの方は膵臓が弱っている。」

ということでした。

膵臓は
・甘いものの摂り過ぎ
・アルコールの飲みすぎ
・ストレスの掛かり過ぎ

などで悪化します。

慢性膵炎や糖尿病になる方もいますが、

そこまでいかなくてもパニック障害との関連性が強いのではないかと感じています。

膵臓のケアをしっかり行うと
ソワソワ感や吐き気、胃の気持ち悪さ、背中の痛みが改善されるケースが多いです。

パニック障害をお持ちの方は、

・満腹になること
・空腹になること

この2点を避けられるように
できるだけ対応してみてください。

これ以上、膵臓に負荷を掛けることを避けながら、弱り切った膵臓機能を回復させるようなケアをしていく。

そうすることで、パニック発作や不安感を軽減させていけるかもしれません。

当然可能性の1つなので、

薬をいきなり辞めたり、
これだけやれば大丈夫とは思わないでくださいね。

こんな状態
当てはまりませんか?

□発症前はお酒たくさん飲んでいた
□甘いものが大好きでよく食べる
□食べすぎると調子が悪い
□空腹時に気持ち悪くなる
□食後に眠気やだるさを感じやすい
□ストレスを感じると胃が気持ち悪くなる
□パニック発作は胃の気持ち悪さから始まる
□吐き気や動悸がよく起こる
□背中が張ったり痛んだりよくする
□身内に糖尿病の人がいる

これらすべて、膵臓の症状だったりします。
一つでも当てはまるなら要注意です。

「満腹」にご注意を!

・膵臓に大きな負担。
・高血糖によるだるさや眠気。
・横隔膜刺激による呼吸困難。
・血流量アップによる動悸。

満腹時は膵臓などに大きな負荷が掛かります。

食後は内臓への負担から血流促進など
身体の変化が大きくなります。

膵臓が弱いと気持ち悪さや吐き気など
パニック発作に繋がる要因となります。

「空腹」にご注意を!


・低血糖による冷や汗や動悸。
・抗ストレスホルモンの放出。
・情緒不安によるソワソワ感。

空腹時にも膵臓には負荷が掛かります。

低血糖状態は命の危険と判断され、
ストレスホルモンが放出され緊張状態となります。

低血糖の状態では情緒は不安定となり
吐き気やソワソワ感など、
パニック発作へと繋がりやすくなります。

「腹8分」と「腹2分」

・食べすぎ&食べなさすぎに注意。
・アメ玉は飲む点滴。
・特に小麦の大量摂取はNG。

食事を取る時は腹8分を目安に。
空腹は腹2分までに何とかするを目安に。

アメ玉1つ舐めるだけでも効果的です。

パスタやピザ、パンなど
小麦を大量に短時間で食べるのは
気持ち悪くなる可能性大です。

セルフケア1:「背中」を温めましょう。

・胃のウラあたりを温める。
・「あずきのチカラ」などホットパック使用。
・背中に敷いて寝転ぶ。

セルフケア2:「ツボ」を揉みましょう。

ツボ押し「脊中」(せきちゅう)

・胃のウラあたりの背骨の際。
・両手の親指で背骨の際をグリグリ。
・10回くらい往復して緩める。

・原因が分からない。
・どうしようもない。
・考え方の問題かと思っている。

パニック障害に対するアプローチは
まだ出来ることはあります。

薬を飲みながらでもOK。
無理に考え方を変えなくてもOK。
食事療法などもそのままでOK。

しっかり体を治すことで
心も身体も変わっていくと思います!

治療のご予約ご相談はLINEにてお気軽にご連絡ください。

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付け専用お問合せフォーム」より承ります。
【受付時間】月~土:10:00-19:00 / 水:10:00-13:00【定休日】日・祝
大阪府吹田市山田東1丁目11番1宮の前グリーンハイツ102号  アクセス

▽自律神経・パニック障害の整え方など発信中

▽パニック障害についての著書はこちら

腰痛や背中が痛くなったときに吹田でどこか良いところないかと探してお願いして以来、...

学生からの付き合いで柔道整復師の資格も持っているけど鍼灸(自律神経を専門)をメイ...

1年半ほど前から定期的にお世話になっています。 初めは頭痛がひどく、頭痛にいいと...

数年前から逆流性食道炎で夜中に2~3度起きる辛い毎日が続き、寝不足で悩んでいた時...

今年85才になる母親を診て頂いてます。 初めてお世話になったのは今から一年半前。...