【自律神経】心が疲れたらココ、温めてみて。 | 大阪府吹田市|自律神経専門|鍼灸治療院HARINO

【自律神経】心が疲れたらココ、温めてみて。

今日のテーマは「心が疲れたら、ココ温めてみて。」です。

気分が落ち込んでしまったり、
心配ごと続きで心が少し疲れてしまった時にできる簡単なセルフケア方法をお伝えいたします。

この方法を知っておくことでご自身の心のケアを自宅で簡単に行うことが出来るようになります。

心当たりがある方は、本格的な精神疾患など重大な病気に発展してしまう前に日々のセルフケアをていねいに行ってみてください。

心が疲れてしまったら

あなたの心がもし疲れてしまったら、
とりあえず背中の「肩引き周り」をホットパックなどで温めながらゆっくりと過ごしてみてください。

肩引きは体と心を繋ぎます。

肩引きは「心身相関エリア」と言います。
体と心の状態がリンクする場所とされ、
心が疲れるとココが疲れやすくなります。

温めることで心が休まりやすいのです。

温め方はこんな感じ

心を緩める5ステップ


①ホットパックを用意する
②背骨の真ん中あたりに敷く
③仰向きになって寝る
④目を閉じてゆっくりする
⑤頭の中を空っぽにする

できれば朝と夜、1回あたり15分程度じんわりと温めてみてください。
背中から胸にかけてジワーッと温まってきて呼吸が深く出来るようになれば効果が現れてくれています。

温めると良いことばかり

温めることで期待できるメリット


①交感神経が和らぎ落ち着く
②呼吸が深くなる
③不眠の改善・睡眠の質向上
④胃の不調改善
⑤肩こり解消

肩引きを温めることで自律神経が整い心の状態も改善されやすくなります。
肩こりや不眠の解消など良いことばかりなのでぜひ温めてみてください。

こんな商品がおすすめ①

「レンジでゆたぽん」 白元アース

レンジでチンすることですぐに使え、
じんわりと温めてくれます。
カバー付きで肌触りも良いです。
お値段もリーズナブルでGOODです。

こんな商品がおすすめ②

「あずきのチカラ」首肩用 桐灰

同じくレンジですぐに使えます。
肩に乗せるのではなく背骨の真ん中に
敷いて使うのがポイント。

まとめ


①心が疲れたら肩引きを温めてみる
②肩引きエリアは「心身相関エリア」
③体と心の状態がリンクする場所
④仰向きで温めながら休む
⑤ゆたぽんorあずきのチカラがオススメ!

心を休めるにはまず身体から。

仰向きに寝ころび、背中を温めながら
ご自身の頑張りを褒めてあげてください。

そうすると、
少し心がラクになるかもです。

ホットパックが無い方は、
ゆたんぽやカイロでもOKです。

今回ご紹介したホットパックは1000円ほどで買えますし薬局でもネットでも売っています。

これを機に1つ持っていても良いかもですね。

ご参考までに。

それでは、また。

*****

治療のご予約ご相談はLINEかメールにてお気軽にご連絡ください。

➡LINEご登録はこちらから

#パニック障害 #適応障害 #自律神経失調症

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付け専用お問合せフォーム」より承ります。
【受付時間】月~土:10:00-19:00 / 水:10:00-13:00【定休日】日・祝
大阪府吹田市山田東1丁目11番1宮の前グリーンハイツ102号  アクセス

▽自律神経・パニック障害の整え方など発信中

▽パニック障害についての著書はこちら

腰痛や背中が痛くなったときに吹田でどこか良いところないかと探してお願いして以来、...

学生からの付き合いで柔道整復師の資格も持っているけど鍼灸(自律神経を専門)をメイ...

1年半ほど前から定期的にお世話になっています。 初めは頭痛がひどく、頭痛にいいと...

数年前から逆流性食道炎で夜中に2~3度起きる辛い毎日が続き、寝不足で悩んでいた時...

今年85才になる母親を診て頂いてます。 初めてお世話になったのは今から一年半前。...