その頭痛はうつのサインかも?うつ病と頭痛の知られざる関係性 | 大阪府吹田市|自律神経専門|鍼灸治療院HARINO

その頭痛はうつのサインかも?うつ病と頭痛の知られざる関係性

最近仕事が忙しくなってきた。
環境が変わって責任あるポジションについた。
転職や転勤をしたばかりで慣れていない。

そんな中で最近、市販薬を飲んでも全然効かないような頭痛が良く出るようになったりしていませんか?

とくに朝起きたときに頭痛を感じる、というような方は少し注意が必要かもしれません。

実はうつなどのメンタルの不調からでも頭痛が起きることがあるというのをご存知でしょうか?

昇進やリーダーに任されることは嬉しい事ですよね。
ご自身の能力が高く評価された証で素晴らしい事だと思います。

ですが、その中で人間関係はより複雑になり、責任も増えてきますよね。
それが行き過ぎると身体に不調が出てくることがあります。

忙しくなってきて頭痛もするし肩こりもひどいと思っていたらそれはうつ病の初期症状だった…。

なんてこともありますので、ご注意いただければと思います。

そこで今回は、うつなどのメンタルの不調から起きる頭痛についてお伝えしようと思います。

ストレスや不安を感じやすい環境にいる方は、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

うつと頭痛の関係とは?

うつと頭痛はイコールではありませんが、深い関係があります。

うつの代表的な症状

不安感
焦り
無力感
身体のだるさ
抑うつ気分
頭痛
肩こり
 など

なんと、うつ病の方の80%以上が頭痛や肩こりを感じているそうです。
そして『朝起きた時に頭痛を感じる人の、4人に1人はうつ状態だった。』という報告もあります。

うつの症状は気分の落ち込みだけではありません。
このように、身体のだるさや頭痛や肩こりなど身体的なしんどさを感じるものもあるので注意が必要です。

うつで頭痛を感じる原因

理由の一つとして、不安を感じると人は痛みに対して過敏になるというものがあります。

強いストレスや恐怖、トラウマなどは脳の中にある痛みや不安を制御する部分の働きを弱らせます。
その結果、痛みに対して敏感になり、今までは痛みとして認識していなかったものも痛みとして感じるようになります。

さらに、頭痛が長引くと「脳の病気なのでは?」という不安や焦りからさらに痛みに敏感になり、頭痛も感じやすくなる悪循環となります。

ストレスから今まで無かった頭痛を感じるようになった。
頭痛は前からあったがここ最近悪化した。
頭痛の他にも無力感を感じたり、やる気が出ないなどといった症状がある。

強いストレスを受ける中で、上記のような症状が出てきた方は注意が必要かもしれません。

ストレスを感じた時に
身体に現れるサイン

ストレスや不安、うつ状態は身体にあるツボなどにサインとして痛みが現れてきます。
そのサインを確認することでご自身のストレスレベルがわかり、治療が必要かどうかがわかるようになります。

いろいろと反応点はありますが、代表的なポイントをお伝えしようと思います。

これからお伝えするポイントがしっかりと緩んでいる状態が深いリラックス状態となるため、ここをしっかりと緩ませておくことが大切になってきます。

胸の真ん中あたり

左右の乳頭を結んだ線の真ん中くらいに膻中(だんちゅう)というツボがあります。
胸骨(きょうこつ)という胸の真ん中にある骨の上にあります。

東洋医学では気の病のときに膻中(だんちゅう)というツボに痛みが出てくるとされています。

精神的に疲れていたり、強いプレッシャーを感じていたり、不安やストレスを感じていると痛みが出ます。
少し触って痛みが強いようならストレスレベルが高いサインですので、注意が必要です。

首まわり

ストレスを感じると胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という首の前にある筋肉がガチガチに固まります。
この筋肉は脳の影響を直接受けるため、ストレスの影響をもろに受けてしまいます。

のどが詰まる感じがしたり、声が出にくいなどの症状はありませんか?

首まわりの筋肉が固まると上記のような症状が出やすくなります。
胃カメラなどで検査をしても異常が無いが、のどの気持ち悪さが取れないという方はストレスがかなり溜まっている可能性があります。

肩甲骨の内側(特に左側)

いわゆる肩引き(けんびき)あたりが凝るというのも注意が必要です。

このエリアは心身相関エリア(しんしんそうかんエリア)と言われ、カラダとココロの関係性を現わしているとされています。
ストレスを感じるとこの辺りに凝りや痛みを感じ、とくに左の肩引きがよく凝るようになります。

また、心臓が悪いときでも痛みや凝りを感じます。
持病を持っていたり、動悸や不整脈などが頻繁に起こる方も注意が必要です。

 

いかがでしょうか?
仕事や子育てでの不安やプレッシャーから頭痛が始まった、肩こりがひどくなった、という方はご自身が思っている以上にストレスを感じているのかもしれません。

仕事のプレッシャーを乗り越えて大きなプロジェクトを成功させたい。
子育てで大きな不安に悩まされることなくのびのび子育てがしたい。
人と接する中で緊張することなく自然な笑顔で余裕をもって振る舞いたい。

そんな方は一度鍼灸治療を試してはいかがでしょうか?
当院では鍼やお灸を使って頭痛や肩こりはもちろんのこと、日々のストレスケアも行っています。

うつ病と診断されてしまう前に早めのメンテナンスをして疲れを取り、仕事や家事のパフォーマンスをもう一度上げていきませんか?

ストレス社会といえるこの時代をうまく切り抜けて、頭痛とも、うつとも無縁な人生を歩んでいきたいですね。
いつでもお気軽にご相談ください。お待ちしております。

それでは、また!

鍼灸治療院HARINO 米増圭司

 

こちらもオススメ(関連記事)

●ストレスが脳を破壊する?ストレスが脳に与える悪影響と4つの対策法

●鍼灸治療は医療費控除の対象になるの?

●「首のヘルニアですね」と言われたら手術しかない?知っておきたい3つのこと

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付け専用お問合せフォーム」より承ります。
【受付時間】月~土:10:00-19:00 / 水:10:00-13:00【定休日】日・祝
大阪府吹田市山田東1丁目11番1宮の前グリーンハイツ102号  アクセス

▽自律神経・パニック障害の整え方など発信中

▽パニック障害についての著書はこちら

腰痛や背中が痛くなったときに吹田でどこか良いところないかと探してお願いして以来、...

学生からの付き合いで柔道整復師の資格も持っているけど鍼灸(自律神経を専門)をメイ...

1年半ほど前から定期的にお世話になっています。 初めは頭痛がひどく、頭痛にいいと...

数年前から逆流性食道炎で夜中に2~3度起きる辛い毎日が続き、寝不足で悩んでいた時...

今年85才になる母親を診て頂いてます。 初めてお世話になったのは今から一年半前。...