【要注意!】偏頭痛持ち女性がピルを飲むと〇〇リスクが7倍に!? | 鍼灸治療院HARINO | 大阪府吹田市 頭痛 肩こり 自律神経 専門鍼灸院

【要注意!】偏頭痛持ち女性がピルを飲むと〇〇リスクが7倍に!?

女性の方で経口避妊薬(ピル)を常用している、またはこれから飲もうかな?と検討されている方はいませんか?

世界中で1億人が飲んでいると言われている経口避妊薬(ピル)。

10代から飲め、学割とかも効く病院もあるみたいですね。

確実な避妊を望んでいる方や、生理痛のひどい方、生理周期の乱れなどに悩まれている方には重宝されるものですし、ニキビの改善効果もありようで、女性の心強い味方ですよね。

手軽に飲めて、効果も高い。副作用もほとんどないとされています。
一見すると何も問題が無いように思えますが…。

ただ、1点注意してほしい点があります。

今回は偏頭痛持ち女性が飲むと危険なピルについてお伝えしたいと思います。

ピルの使用を検討している方は、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

偏頭痛持ちの方がピルを飲むと7倍に増える〇〇リスク

偏頭痛持ちの方がピルを服用することで起きるリスク…。

それは『脳梗塞』です。

偏頭痛持ちの方がピルを飲んでいると、何も無い方に比べ脳梗塞のリスクが7倍に上がるというデータがあります。

特に、偏頭痛が起きる前に“前ぶれ症状”としてキラキラと目の前に眩しさを感じる方がいるのですが、その症状がある方は特に要注意なのです。

偏頭痛で悩んでいる人のうち2~3割の方に起こる前ぶれ症状

1. 目の前がチカチカ、キラキラするような感じがある
2. 身体の一部がチクチクする、または感覚が鈍くなる
3. 言葉が話しにくくなったりする

あなたは大丈夫でしょうか?
もしこのような症状が偏頭痛の前に出ているようなら要注意です。

目の前がキラキラする症状を閃輝暗点(せんきあんてん)と言います。

このような前兆のあるタイプの片頭痛で悩んでいる女性がピルを飲むと、脳梗塞のリスクが7倍に上がるとされています。

さらにピルに加えてタバコを吸う方はその確率は10倍にも膨れ上がります。

病院でも前兆のあるタイプの片頭痛持ちの方にはピルの処方は原則禁止されています。

それだけ危険性の高いものですので、前兆のあるタイプの偏頭痛の方は絶対に使用しないでくださいね。

過去5年以内に閃輝暗点があった方も要注意

また過去5年以上前に前兆のあるタイプの偏頭痛があった、という方も注意が必要とされています。

今は大丈夫だけど、昔はひどい偏頭痛持ちだったという方も医師への相談は必ずしてください。

また、もう一つの注意点としては経口避妊薬(ピル)を服用することにより、新たに偏頭痛が起こったり、偏頭痛が悪化したりするケースもあります。

ピルは3週間飲んで1週間休むというペースで飲むのが一般的ですが、この休んでいる期間に偏頭痛が出たり、悪化することがありますのでご注意ください。

余談ですが、偏頭痛の他にもピルを飲めないケースがあります。

その他の原因でピルを飲めない方

・35歳以上の方
・骨の成長が終わっていない子ども
・高血圧や内臓疾患のある方
・タバコを吸う方
・閉経した方
・その他医師が不適切と判断した場合

 

いかがでしょうか?薬局やネットでも気軽に買えるピルですが、その使用法については慎重に検討していきたいですね。

基本的に閃輝暗点(せんきあんてん)という偏頭痛の前にキラキラ、チカチカとした症状がある方はピルは飲んではいけないことになっています。

どうしても飲みたいという方は、あらかじめ医師の診断を受け、正しい処方のもと飲むようにしてください。

ピルを飲むより身体そのものの改善を

ピルを飲む目的が避妊であればいいかもしれません。

ただ、生理痛や生理周期の乱れ、肌荒れなどの改善を目的に使用するのであれば、やはり薬に頼ることなく根本的な解決をしたいところですよね。

生理痛は8割の方が経験していると言われていますが、生理痛というものはそもそもは無いか軽いのが正常です。
非常につらい生理痛の多くは、身体の冷えや骨盤の歪み、血流の低下、ミネラルバランスの乱れなどにより起きていることが多いです。

そのため、身体の不調を取り除くことにより生理痛は改善していきます。

骨盤周りの血流を良くしていくことで内臓の調子も上がり、生理痛の軽減や生理周期の安定、肌荒れの改善も期待できるので積極的に取り組んでいきたいですね。

骨盤の歪みや血流を改善させるには、鍼灸治療がお勧めです。

全身にあるツボを刺激することにより身体が活性化し、本来ある位置に身体が戻ろうとしてくれます。
またお灸を加えることにより身体が温まり、血流改善効果があります。

週に1度の治療を1~3ヶ月ほど続けるとかなり効果が出てきます。

もし、ひどい生理痛でピルの服用を検討している方がいれば、鍼灸治療も視野に入れてもいいかもしれません。
身体を整えることにより偏頭痛の改善にもつながりますよ。

当院でも施術しておりますので、興味のある方はお気軽にご相談くださいませ。

しっかりとご自身を整えて、薬を飲み過ぎない自然体で健康的な身体を手に入れたいですね。
そのお手伝いをサポートさせていただけたら、幸いです。

それでは、また。

鍼灸治療院HARINO 米増圭司

こちらもオススメ(関連記事)

●「首のヘルニアですね」と言われたら手術しかない?知っておきたい3つのこと

●飲みすぎなどによる内臓の疲れと肩こりの意外な関係性

●あなたのその頭痛の原因は?片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛の見分け方

ご予約・お問合わせは「お電話」または「24時間受け付けの専用フォーム」より承ります。
【受付時間】月~土:10:00-19:00 / 水:10:00-13:00【定休日】日・祝
大阪府吹田市山田東1丁目11番1宮の前グリーンハイツ102号  アクセス
逆流性食道炎や胃腸の調子が悪い日が続き、体が重い状態で、来院しました。 先生が、...

夏の疲れから体調が悪く、色々病院に通い検査も受けましたが、良くならず、、。 娘が...

不安症状が強く出て抗不安剤の服薬を始めましたが、副作用で目眩も現れ、身体が更に強...

鍼灸は初めてでしたが、先生が落ち着いた口調で優しく、マンツーマンで丁寧に説明しな...

不安障害やパニック障害のような症状で悩まされておりました。 もう治らないんじゃな...